古本の買取で基本教本などは値崩れしにくい

何かを学ぶときに多くの人がこの本を読むと呼ばれるものがあります。基本的なことが書かれていて、導入としてはぴったりの本になるようです。実際に勉強をしたり知識を得たりするのはその後になり、資格などの場合は毎年内容が異なることもあります。しかし、基本教本はそれほど内容が変わることがありません。同じ内容で再販されることもあります。古本の買取において、専門書があります。基本教本であれば値崩れがしにくいとされます。それに対して資格対策本については何年版とある場合、その年以外であれば価格がつかないこともあります。つまりは、引き取ってもらえないのです。内容的には余り変わらないこともあるのですが、さすがに書店の方もそこまではわかりません。表紙に何年と書かれていてそれが今よりも古くなると売れないと判断します。どういったものかで、価格も変わるのです。

古本の処分は買取専門店を利用

私の父は若い頃から本が大好きだったようで、自宅には大きな本棚があり、そこにはたくさんの本が並んでいます。もう何度も読んだ本ばかりで、今はあまり手にすることがなくなった本が多く、そろそろ処分を検討しているようです。でも、捨ててしまうのはやはり惜しいということで、なかなか処分できないでいるようです。そこで、私はインターネットでいろいろ調べてみたところ、古本を専門に取り扱っている買取ショップがあることがわかりました。父に代わって処分したい本の査定を依頼してみたところ、思ったよりも高値で買いとってくれると返答をもらい、さっそく父に話してみました。その金額を父に教えたら驚いていて、手続きをしてほしいと言われました。古本をダンボールに詰めて送るだけという手軽な仕組みになっているから、面倒なこともなく無事に送ることができ、お金もすぐに振込まれました。読まなくなった本が売れることがわかり、父は他の読まなくなった本も買取以来しようと検討しているようです。また手伝ってあげようと思います。

アニメ化やドラマ化される古本は買取価格アップ

依然あるドラマが非常に人気になりました。視聴率がどんどんアップしたのです。そのドラマに関しては、ある原作の小説があったそうです。ドラマのタイトルと本のタイトルが異なっていましたが、ドラマが人気になるに連れて本屋でもしっかり紹介していました。書店の一番目立つところに並べられていました。多くの人が手に取っていました。小説などの古本があるとき、もしそのアニメ化やドラマ化が決まった時、また実際に放送されてそれが人気が出てきた時、買取価格がぐんと上がることがあります。当然その原作を読みたいと思う人が多くなるためです。通常文庫本などは数年経つと評価が下がると言われていますが、その後にドラマ化などが決まれば再評価されるようになります。これに関しては運しかありません。たまたま自分が事前に読んでいた本がドラマ化されるかどうかになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です