FX取引の相対取引と取引所取引

FX取引を行う場合には選択をしていかなければいけないことがあります。その選択をしていかなければいけない事なのですが、具体的には相対取引を選ぶのか、それとも取引所取引を選んでいくのか、というものがあります。以上の二つにつきましては、内容を詳しく初心者の方も理解していく必要があります。しかし、それほど難しい内容ではありません。単純とも考えられるものになっていますので、詳しくチェックしていかれるといいのではないでしょか。ではまず相対取引というものを見ていきましょう。その相対取引なのですが、一般的なものであると覚えておくとよろしいです。多くの方が行っていくものになります。いわゆるFX業者を活用しまして、取引を行っていくというものになっています。それほど難しい内容になっているわけでもありません。業者と相対しまして取引をしていくので、相対取引というわけです。FX取引を利用している方の90パーセントがこちらの相対取引です。一方であまり多くないのが取引所取引です。取引所取引についてなのですが、くりっく365というものを通しまして取引をしていくものになっています。10パーセントの方しか利用していないということで、あまり気にされる必要もないかもしれません。相対取引と取引所取引が以上のような内容になっているわけなのですが、特に注目していくべきなのが税金という部分です。税金を見ていきますと、全く違うのが両者なのです。

ですので、相対取引と取引所取引を考えていくのでしたら、まずは税金面での比較を考えていくべきでしょう。その税金ですが、相対取引場合につきましては雑所得扱いになります。そのぜいりつは0パーセントから50パーセントになるというわけです。儲けが大きくなればなるほど、そのパーセンテージは50パーセントに近づいていきます。一方で、取引所取引につきましては、申告分離というものになっていまして税率のほうは20パーセントになっています。いわゆる一律の税率になっているのです。以上のような税金の違いをみますと、どちらが有利になるのかということを考えるのです。

やはり儲けの大きさに関わってくるというようなことが言えるでしょう。少額の儲けでしたら、特に気にされることはないでしょう。しかし、取引で多額の利益が出たような場合につきましては、相対取引の税率はかなりすごいものになっています。その場合は取引所取引を選択していかれるのがお勧めでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)