生命保険とは

家の次に高い買い物といわれているのが生命保険と言われていますが、なかなか慎重に選ぶ人がいないのが事実です。
月々1万円とかそれほどだけとあまり大したことないと思ってしまう人もいるかと思いますが、ただ生命保険ほど高い買い物はほとんどないのです。
例えば、仮に月々3万円を30年間払っていたとしたら総額で1080万円ほどになってしまうほど生命保険は高い買い物であるのです。

どうして生命保険をきちんとした基準で選ぶ人はあまり多くないのでしょうか?それはどういう理由や基準で生命保険を選んだらよいのかわからないというのが多いからなのです。
生命保険を選ぶ上で何を基準に選んだらよいのかわからない。
それが生命保険をあまり考えずに決めてしまうことが多い理由の一つなのです。
そういう話をすると「保険料」はどうなのですか?基準になりえないのですか?という話をいただくのですが、確かに保険料というのは重要な基準になり得るものになるでしょう。
ただもちろん保険料というのは大事ですが、それだけで生命保険を選んでしまっても良いのでしょうか。
ここで考えて欲しいのはあなたは何のために生命保険をまず入ろうとしのかをはっきりさせて欲しいと考えています。
それは自分以外の誰かを守るために生命保険に入ろうとしたのではないか?ということをまず思い出して欲しいのです。
そこの所が抜け落ちていると、そもそもなんのための生命保険なのかわからないものになってしまいます。
では、自分以外の誰かを守るためにどんな生命保険に入るのが良いのでしょうか?それにはどんな保障の形に入るかを大事にすることが必要になってくるかと思います。
もし自分が何かがあったときに自分以外の誰かを守れるための保障。
そういった生命保険にもし加入していれば、自分以外の誰かもご安心できるのではないでしょうか。
そして、そういった生命保険に入っていれば自分も自分以外の誰かも今後ご安心できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)