生命保険のメリット

生命保険にはいろんな種類があるが、例えば生命保険には「リビングニーズ」特約といったオプションが付けれることがよくある。
この生命保険はどんなオプションであるのか、これからご説明したいと思う。
この生命保険のオプションにどんなメリットがあるかというと、まず生命保険の基本的な仕組みからご説明したい。
生命保険というのは基本的に死亡したときに保険金というお金が支払われるという仕組みであるのだ。
この「リビングニーズ」特約というのは死ぬ前から生命保険が支払われるというメリットがあるのである。
具体的にどういったメリットかというと、余命半年と、医師より診断された場合先に保険金を支払うというメリットがあるというのだ。
死ぬ前の生前の状態になにかご家族と思い出を残したい、そういったことに死ぬ前からお金を使うことができるのである。
そういったメリットがこの保険にはあるのである。

今は「リビングニーズ」という特約の話をしたが、生命保険には被保険者に様々なメリットをもたらす特約というのが他にもある。
例えば、保険料払込免除特約というのがある。
これは(生命保険会社によってその範囲は違うが)がん、心筋梗塞、脳卒中になってしまった場合、一般的に同じように再度働くことなど難しいと言われています。
その時に月々の保険料の負担を免除する。
だけれども生命保険としてはそのままで、保障はそのままにして続けることができるオプションを付けることも出来ます。
先ほど、但し書きとして生命保険会社によって、その保険料払込免除の範囲が違うとお話ししましたが、その免除の範囲は様々で明らかに違います。
例えば、ある会社だと、がん、心筋梗塞、脳卒中に合わせて、障害状態、介護状態などそういうふうに免除の範囲が非常に広いということもあるのである。
また、ある会社は高度障害といって(もう治る見込みがない)寝たきりの場合、保険料の払込免除を行うなど会社によってその免除の範囲が違うので注意が必要なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)