生命保険の仕組み

生命保険の仕組みとして、実は生命保険というのはいろんな仕様法がある。
そのいろんな仕様法を説明するために、生命保険の仕組みをこれからお話する。
例えば、こういった使い方もありますよ、ということで生命保険の仕組みをお話すると、生命保険は溜まったお金を一部解約ということで使うことも出来る。
性格には「減額」という手続きをすることになるのであるが、生命保険の保険金額を減らして、保障は継続。
そして、一部のたまったお金を受け取る。
生命保険の仕組みとして、そういったことも出来るのである。

あとは、せっかく考えに考えて入った保険なのだけれど、途中で保険プランというのを変更したいなと思ったとする。
それは完全に保険プランというのを変更することは出来ず、制限というのはもちろんあるのだが、ある程度プランを変更することは生命保険の仕組みとして出来るようになっている。
例えば、生命保険は保険料払込免除特約といった、保険料をある条件になった場合、免除しますよというオプションがある。
このオプションはとちゅうでくっつけることもできるのである(ただ、一部の会社は途中でくっつけることができないので、その点は注意が必要である)。
ただ、注意点としてこのオプションをくっつける際には、その際の年齢で保険料が計算されるので(オプション契約の部分のみ)その点は注意が必要である。
また、告知といってその時の健康状態によって加入できるかできないかと決まるので、必ず希望すれば入れるわけでもないということも注意していただければと思う。

また、今生命保険の仕組みで途中変更の仕組みについてお話ししたが、そのことについて重ねて話すと、補償の金額を途中から変更できるか?ということも気になる人もいるかと思う。
一般的にであるが、それは保障を下げることはできるが、殆どの会社で保障を上げることはできないので、その点は注意が必要であることもひとつ申し上げておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です