生命保険の種類

生命保険というのは何かというと、つまるところ「死んだら」出るというものであるが、その支払われ方も生命保険の種類によって違ったりするので、それについて説明したいと思います。
どういうことかというと、生命保険の種類によっては、考えていたものより多く出るとかそういったこともあるので、そういったことを説明したいかと思います。
例えば、生命保険の種類によってはどういったことがあるかというと、生命保険には「傷害特約」というものが付いている生命保険というものがあります。
これは、怪我でなくなったときに「上乗せ」して生命保険がでますよという特約です。
なので、仮に生命保険の保険金額が1000万円で、傷害特約が五〇〇万円ついていたとするならば、どういったことになるのでしょうか?これは亡くなってしまっときには1000万円、怪我でなくなってしまったときには一五〇〇万円が出るという保険なのです。
このように生命保険の種類によっては、支払われ方が違うこともあるので、この点は契約内容はきちんと確認をしていたほうがよいかと思います。

また、他にどういった事例があるかというと、思ったより早くに保険金が支払われるといったケースが生命保険の種類によってあるのです。
生命保険の種類によって、死亡診断書とFAXを送って頂くだけで、当日中にある程度のお金を支払ってくれるというのもあるのです。
これはどういうことかというと、お葬式というのは、基本的に現金で支払わなくてはいけないものになっています。
悲しみにくれているときに、もしお葬式代やそういったお金を支払うことが出来なかったら?もしくは、お金を用立てることが出来なかったら?そういったことがないように、生命保険の種類によってはすぐにお金を支払うことができるような仕組みになっているものもあるのです。
これは、例えば死亡したときには、死亡した人のお金は相続の可能性があるので、銀行が凍結される可能性もあります。
凍結されても保険金は降りるので、銀行が引き出せなくてもお葬式が出来るというメリットもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)