生命保険の手続き

すべての契約がそうであるように、生命保険も契約する上で、いろいろな手続があります。
その色々な多くある、生命保険の手続きについて今回はお話ししたいと思います。

まず、気に入った生命保険があった場合、生命保険を契約することができます。
その生命保険の契約の上での、生命保険の手続き上の注意点についてもお話ししたいと思います。

例えば、生命保険を契約したいと思ったときに、それを郵送でできないのですか?とおっしゃる方もいますが、基本的にはできないです(中には郵送で入れる保険やインターネットで手続きできる保険もあることはあります)。
それはどういった理由からそうであるかというと、生命保険は「告知」といって健康上の問題によって加入できないということもじつはあるのです。
この健康状況を実際の面前で確認する必要がある。
その必要のために、生命保険の手続きは基本的に面前が原則であるのです。

また無事生命保険に契約できたとしても、その後も生命保険の手続きをなんかしら行わなければいけない時もあります。
例えば、生命保険を銀行引き落としにした場合、捺印した銀行員が登録されたものと違う場合がある時もございます。
その時に必要な生命保険の手続きは何かというと、銀行員を取りなおすということが必要になってくるのです。
ただ、銀行印をおしたつもりであって、結局自分の銀行印がわからなくなってしまうことももしかしたらあるかもしれないです。
その場合に必要な生命保険の手続きは何かというと、銀行印を銀行にて取り直しをする必要が出てきてしまうので、その点は注意が必要です。

また、せっかく加入した生命保険が気に入らなくなった場合に必要な生命保険の手続きはどういったものであるでしょうか。
その場合には、契約してある程度の期間であるならば「クーリングオフ」という手続きをすることも出来ます。
この契約してある程度の期間というのは会社によって期間がまちまちなのでその点は契約したときに念のため確認しておいたほうが良いでしょう。
生命保険の手続きは様々なものがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です